マーティング思考と実践を他に見立てて考える。

第7回:マーケティングは常に相手を思い遣る思考を持つもの。

seino0714
マーティング思考と実践を他に見立てて考える。

マーケティングの基本思考は「相手の喜ぶコトを考え、実践し続けること」にあります。相手は、モノやサービスを購入・使用してくれる「顧客」に限ったものではなく、プロジェクトを共に推進する仲間や外部のパートナーでもあります。

相手は何をしてくれたなら喜ぶのかを考えるためには、相手を細やかに知ることが必要になります。相手を思い遣るためには自分の出来ることを見極めることも必要です。してみると、マーケティングの基本は、「人を思う恋」の道や、「人が生きる」日常の思考にも似ています。

一人ひとりが、マーケティングを何かに見立てて考えると何に行き当たるのかを思うと、発想はさらに広がります。(第8回に続きます)

 

______

清野氏 法政大学 講義

株式会社マップス 代表取締役 清野 裕司

Eメール: maps@mapscom.co.jp

URL: http://www.mapscom.co.jp

books

清野裕司氏の書籍はアマゾンページからご購入いただけます。

(写真をクリックしていただくとアマゾンページに移動します)

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

One thought on “マーティング思考と実践を他に見立てて考える。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です