エコノミスト永濱利廣の経済コラム (第43話)

第43話:GDPよりも重要なGDI

政府が景気動向や分析に使うのは、物価変動を加味した実質国内総生産(GDP)成長率である。これが減っているので政府は景気が足踏みしていると公言している。

 しかし、物価変動を考慮しない名目GDPや、国内全体の所得を示す国内総所得(GDI)で見れば、日本はそこまで貧しくなっていない。

 なぜなら、物価変動の影響を取り除いた実質的な付加価値を示す実質GDPは、各構成要素の価格をある時点で固定して計測するため(現在は2010年)、海外との貿易に関わる交易条件の変化に伴う実質所得(購買力)の変化が反映されないためである。

 交易条件とは、平たく言えば輸出品の価格と輸入品の価格の交換比率である。例えば、輸出品の価格に対して輸入品の価格が高くなると、その国の実質的な所得は下がる。原油価格が1バレル=100ドル程度だった頃と、同50ドル割れしている近年を比較しよう。仮に同じ価格で原油の加工品を輸出すれば、実質的な所得が増えるのは明らかだろう。この交易条件の変化に伴う実質所得の変化を示すのが交易利得(損失)である。

 要するに、実質GDPは生産額(P)に注目しているため、海外との貿易取引部分においても輸出入物価の変動を加味した生産額を集計する結果、現実の交易利得(損失)が反映されていない。

 一方で、国内の実質的な所得を示す実質GDIを考える場合は、所得(I)に注目するので、輸出入価格の変動による所得も加味されなければいけない。そして、交易条件が有利(輸出価格>輸入価格)となれば実質所得は増え、不利(輸出価格<輸入価格)になれば実質所得は減る。すなわち実質GDPに交易利得(損失)を加えたものが、国内の実質的な所得を示す実質GDIとなる。

 日本は他国に例を見ない特異な貿易構造にあり、必ずしも国内の生産や需要の伸びがそのまま所得の伸びに結びつかない。なぜなら、我が国は原油など原材料を輸入に頼る一方で、加工品(電子部品など)の輸出に偏っているため、交易損失の変化が他の先進国よりも極端に大きくなるからである。事実、原油安が進んだ昨年後半以降、交易損失が大きく縮小している。

 このため、日本経済にとっては海外に所得が大規模に流出している実態を反映しない実質GDPではなく、所得に注目した実質GDIを増やすことが重要になる。(第44話に続きます)

永濱 利廣 氏

第一生命経済研究所 

経済調査部 主席エコノミスト 

永濱利廣

 

 エコノミスト永濱氏の新刊も是非お読みください。

 

09241020_56034fe54bc2c

書店やネット(下のURLをクリックしてください)でお買い求めいただけます。http://store.toyokeizai.net/books/9784492396209/    

 

経済は「環境」と「政策」に左右されます。 だから、それらが今とそっくりの時代がもしあれば、 今後の日本経済に何が起きるかを予測できるはずです。 しかし、そんな都合のいい時代があったのでしょうか。 実は、あったのです。 それが1986年と、2014年の日本です。 80年代後半、日本は未曾有の好景気に沸きました。 それと同様、今の日本は、黄金期の入り口に立っているのです。

 

【1986年→1989年】 原油価格が1/3に下落 史上最低の公定歩合 公共事業費が増加に NTT株公開 消費税導入 「死んだふり解散」で自民党圧勝 「前川リポート」による構造改革 ブラックマンデーと、その後の急回復  

 

【2014年→2017年】 原油価格が1/2に下落 金融の異次元緩和 機動的な財政政策 郵政株公開 消費税増税 「アベノミクス解散」で与党圧勝 「日本再興戦略」による構造改革 中国ショックと、その後の急回復?    

 

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください