エコノミスト永濱利廣の経済コラム (第222話)

第222話:IoT積極導入で成長する地域密着企業の事例

 技術革新による製品ライフサイクルの短縮化や情報技術の発展による消費者行動の変化等、中小企業の市場環境は大きく変化している。特に、IoT(Internet of Things)、ビッグデータ、AI(人工知能)、ロボット等といった新技術が発展しつつあり、これにより産業構造が急激に変化する可能性がある。

 このような状況の中で、官邸に設置された「ロボット革命実現会議」を元に、中堅・中小企業へのIoT導入の促進を図るため、ロボット革命イニシアティブ協議会に「中堅・中小企業アクショングループ」が立ち上げられた。実際にIoTの実装に取り組む中小企業の経営者、ITベンダー、各種の支援機関等の様々な関係者で構成されている。そして、中小企業のIoT実装やIoTツール導入を促進するための対象方針を整理し、具体的なアクションを定め、実行に移している。

 こうした中、中小企業白書でも、IoTを積極導入することで顧客満足度を高め、成長する地域密着企業の成功事例が紹介されている。この会社は北海道帯広市にあり、1926年創業のバス事業者である。

 この企業は元来、北海道十勝管内の1市13町村にてバス事業者を運営してきた。人口減少による需要の停滞や他の運輸業界との競争激化を受けるも、バス利用者の減少を自然減とあきらめず、利用者の増加を目指した。

 まずこの事業者が取り組んだのは、2008年にバスの沿線世帯への個別訪問により営業を開始し、なぜバスの利用者が減っているのかその理由を探った。そうしたところ、最寄の停留所や経路がわからないという利用者の不安があることがわかり、その不安を解消すべく、ITベンダーと共同でバスの乗り換え案内サービスを開発した。

 これにより、停留所名がわからなくても、目的地のみで経路検索が出来るシステムをアプリで提供することに成功した。更にこの企業が取り組んだのが、IoT技術を活用してバスのロケーションが利用者にリアルタイムでわかるようなシステムを導入したことである。これにより、アプリ上で運行状況が見えるようになり、利用者に到着時刻を通知するサービスを提供することに成功した。

 結果として、特に寒冷地の北海道で問題になる冬季のバスの到着時刻のばらつきというバス利用者の不安が解消され、顧客満足度が高まったとのことである。

 こうした各種取り組みが功を奏し、この事業者は3年後の2011年に増収を達成した。また、今後はバスに取り付けたセンサーで乗降客数を計測し、ダイヤ改正に生かすことを検討しているほか、アプリ上で十勝管内の観光地情報やその目的地までのバス経路を紹介する等、観光地の増加による地域活性化にも取り組んでいる。

 このような、IoT等の技術革新による新たな仕組みについて、現時点での中小企業における活用度合いはまだ低い。しかし、活用している企業は売上高の増加や業務コストの削減等の効果を感じており、中小企業にとっても成長に機会につながる可能性がある。(第223話に続きます)

永濱 利廣 氏

第一生命経済研究所
経済調査部 首席エコノミスト
永濱利廣

さてこの度、永濱氏の書籍が出版となりましたので、ご案内させていただきます。何卒よろしくお願いします。

『エコノミストの父が子どもたちにこれだけは教えておきたい大切なお金の話』~自分の息子と娘のために語り下ろす「お金」の教科書~


〇教育現場でも中高生から経済学や投資の基礎知識などを教えるべき、という声が広がっているが、それ以前にもっと身近な「お金とのつきあいかた」を知るべきではないか、という思いを込めた1冊。

〇「クレジットカードの仕組み」「なぜカンタンにお金が借りられる?」「友だちとのお金の貸し借り」「ものの値段の決まり方」「バイト代や給料の仕組み」「お金がなくなったときどうすればいいのか」「お金を増やすことはできるのか」「無料はほんとうに得なのか?」「君たちもすでに税金を払っている」「修学旅行や部活にだって保険はある」など、中高生の日常に身近なことから「お金とのつきあいかた」を教える。

〇お金で不幸にならないために、お金で人を不幸にしないために、父親としての願いをまとめた一冊。

(ご購入はお近くの書店か上の「本の表紙」をクリックしてください。)

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください