エコノミスト永濱利廣の経済コラム (第220話)

第220話:平均世帯と異なるシニア世帯の支出

 10大費目別に二人以上世帯平均に対する倍率を計算すると、高齢者世帯は「保健医療費」への支出が多く、世帯主が60代の世帯で平均より1.11倍、世帯主が70歳以上の世帯で平均より1.14 倍も支出していることがわかる。

 これを金額で見ても、二人以上の高齢者世帯は保健医療費として世帯主が60代世帯で月 14,659 円、世帯主が 70 代以降世代に至っては月 15,135 円となっており、二人以上平均の 13,227 円よりも月2,000 円近くも多くの支出をしていることがわかる。更に細かい費目別に見ると、特に「保健医療サービス」や「医薬品」「健康保持用摂取品」への支出が増えているようだ 。

 一方、高齢者世帯では「教育費」への支出が圧倒的に少なく、世帯主が60代の世帯で平均に対して0.16 倍、世帯主が70 歳以上の世帯で平均に対して 0.04 倍しか支出していないことがわかる。

 これを金額で見ても、高齢者世帯の教育費支出は世帯主が60 代世帯で月1,866 円、世帯主が70代以降世代に至っては月482円となっており、平均の 11,785 円よりも月1.1万円以上も支出が少なくなっていることがわかる 。なお、高齢者世帯の「その他の消費支出」も金額的にはかなり減 る が、内訳を見ると「仕送り金」が最大の減少要因となっているため、こちらも幅広い意味で子供にかかる負担が減ることを示していることがわかる 。

 また、「交通・通信費」も特に世帯主が70 代以上の世帯で平均に対して 0.62 倍と少なくなっている 。これを金額で見ると、高齢者世帯の交通通信費支出は世帯主が 60 代世帯で月 43,674 円と平均の42,107 円を上回っているが、世帯主が70代以降世代に至っては月 25,919 円となっており、平均よりも月 1.6 万円以上も支出が少なくなっている。

 そして内訳を見ると、特に「自動車関係費」や「通信費」が大きく減っており、運転免許を返納して自動車を手放すシニアが増えるといった年齢的な要因と、そもそも携帯電話やネットの利用が若年世代に比べて少ないシニアの世代的な要因が混在していることが背景にあることが推察され る 。

 更に10 大費目の中で、特に世帯主が70 代以上の高齢者世帯の支出額が平均より月 4,000 円以上減るのが、「食料」「被服 及び履物」「教養娯楽」となる 。そして、それぞれの支出減のけん引役となっているのが「外食」や「洋服」「教養娯楽サービス」となっており、主に外出を伴う負担が減る要因が大きいことがわか る 。

 このように、特に世帯主が 70 代以上の二人以上高齢者世帯の支出の特徴としては、「保健医療」支出が平均対比で月 2,000 円近く増え る が、一方で「教育」支出が 1.1 万円以上、「交通・通信」支出が1.6 万円以上、仕送り金減等により「その他の消費支出」が 7,000 円以上、「食料」「被服及び履物」「教養娯楽」がそれぞれ 4,000 円以上減ることから、トータルで月 23.7 万円と、平均世帯の月 28.7 万円から5万円以上も支出が減ることがわか る 。(第221話に続きます)

永濱 利廣 氏

第一生命経済研究所
経済調査部 首席エコノミスト
永濱利廣

さてこの度、永濱氏の書籍が出版となりましたので、ご案内させていただきます。何卒よろしくお願いします。

『エコノミストの父が子どもたちにこれだけは教えておきたい大切なお金の話』~自分の息子と娘のために語り下ろす「お金」の教科書~


〇教育現場でも中高生から経済学や投資の基礎知識などを教えるべき、という声が広がっているが、それ以前にもっと身近な「お金とのつきあいかた」を知るべきではないか、という思いを込めた1冊。

〇「クレジットカードの仕組み」「なぜカンタンにお金が借りられる?」「友だちとのお金の貸し借り」「ものの値段の決まり方」「バイト代や給料の仕組み」「お金がなくなったときどうすればいいのか」「お金を増やすことはできるのか」「無料はほんとうに得なのか?」「君たちもすでに税金を払っている」「修学旅行や部活にだって保険はある」など、中高生の日常に身近なことから「お金とのつきあいかた」を教える。

〇お金で不幸にならないために、お金で人を不幸にしないために、父親としての願いをまとめた一冊。

(ご購入はお近くの書店か上の「本の表紙」をクリックしてください。)

投稿者:

ジパング・ジャパン

「にっぽん」を世界へ、情報発信していく会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください