No.36 神風はもう吹かないのか。

相撲ファンとしては、偏った意見かもしれないがあえて言いたい。白鷗と貴乃花親方の確執は日馬富士の暴行事件後も収束することなく深まるばかり。そりゃ仕方がない。元の思想と日本の思想は違うんだから。日は「和」を重んじる。強いものは弱いものを助け、育てる義務を持つ思想だ。元は強いものがそれだけで称賛される文化を持つ。

子供のころ、誰が決めたか知らないが「がめんちょろ」というシステムがあった。まだ私の幼いころは、上は小学生高学年から下は幼稚園までが一緒に狭い場所で遊んでいた。そういう記憶が鮮明に今でも残っている。同級生だけで遊びだしたのは、小学生の高学年になったころからだったかもしれない。

小学生と幼稚園では1年2年違うだけでも体力の差は歴然である。ところが、その当時鬼ごっこにしろ、コマ回しにしろ、かくれんぼにしろ、メンコにしろ、いつも上級生は下級生に対しハンディをくれる。上のものにとってはハンディがないと、勝ってばかりで面白くなかったのだろう。しかし下のものは、たまに上級生に勝つことがあった。実はそれがすごい自身にもなったし、いつもは威張っている年齢が違う上級生が友人のような気にもなった。

昔の角界も実は、こんなもんではなかったのかなと思う。横綱の品格とかよく言われるが、今思えば「がめんちょろ」を許してくれた上級生の姿と重なるような気がする。一時角界で、八百長問題が出た。確かに何試合も何場所も数をこなさなければいけない格闘技の世界では、ガチンコでぶつかり続けると、けがや故障は絶えないだろう。格闘技者は若くして引退になってしまう。

しかし、試合はもちろんガチンコでなくてはならない。これなくしては競技は、観客が興ざめしてしまう。相撲は演技ではなく、真剣勝負でなくてはいけないのだ。ならば、早い話、場所数を減らすか、あるいは力を抜くとかしなければ、どんな頑強な力士も短命で終わってしまうだろう。本当の実力も発揮できず、怪我や故障で相撲人生を終わらせるだけの力士も出てくるかもしれない。老齢のレスラーが実に味があるものだが、お目にかかる機会もなくなってしまう。

そこで言いたいのだが、白鳳は日本人から見ると、そんなに偉いのかって話になる。朝青龍もそうだったが、優勝回数だけで力士の偉さが決まるのか。横綱は確かに強い。しかし、横綱は、強さだけで横綱でいいのか。本当の横綱の強さがあるのではないか。相撲にはいろんな技や手がある。記録を伸ばすために、横綱はどんな手を使ってもいいのだろうか。もちろんルール上は何の問題もないとしても、勝てば官軍じゃ。なんかさみしい。

勝てばそれでいいのだろうか。勝者が天下を取り続けるのは元の文化だが、日本は同じ勝ち方、負け方にも、カッコよさ、潔さが付きまとう文化があるような気がしてならない。「海ゆかば」ではないが、負け自体に美学がある。実質は大事だが、カッコよくないといけてないのだ。絶対勝てる相手に勝ってもあまりカッコよくない。たとえば自分の得意手は使わず勝つのだとひそかに決め、土俵に向かうのが強者の心意気なのかもしれない。もちろんガチンコ勝負なので、得意手を使わなければ、強者というども小さな気のゆるみやミスで弱者に負けるかもしれない。

しかし負けは負け、技やキャリアではなく気持ちで勝負して負けたのなら、後輩を評価するのが強者の誇りだ。弱者にとってはたとえ勝ったとしても手を挙げて喜ばない。おごりなき勝利といういう実にいい勝ち方を学ぶ機会にもなるだろう。それで、一場所ごとに、強者は強者なりの試練を乗り越え、乗り越えた分、下のものに何かを残す。優勝は記録ではなく、どれくらいいい試合をしたかだ。

1984年のロスオリンピック、山下選手は足を負傷していた。エジプトのラシュワン選手は怪我している山下選手の足を終始責めず、最終的に金メダルを逃してしまう。彼は柔道を通して日本を知った選手だった。

モンゴル人はアングロサクソン人に先駆け、全世界を征服した偉大なる民族だ。でも世界を征服した民族には、正直どことなくついていけない自分がいる。再び、目の前の元の襲来に対して神風は吹くことはないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です