No.34 小津映画から見るコミュニティー

小津監督の映画の中に、昭和40年代の都市型コミュニティーを生き生きと描いている。会社では役職に就く年齢の親父たちなのだが、学生時代の旧友の葬儀に集まって、先立たれた妖艶な奥さん(原節子)とその娘のことを話す場面から映画が始まる。

実に面白いのは、恋などとうの昔の話だったのが、大の大人たちは、奥さんや年頃の娘さんの話をするうちに何やら、色めき立ち始める。娘の婿候補に会社の部下を進めたり、あいつは性格がよくないとか、自分の恋愛相手を探すがごとく、いい大人たちが色めき浮つく。

人の娘の世話などは今ではあまり見られない風景だろう。余計なお世話に過ぎないのだから。小津は映画をハッピーエンドで終わらせる。大人たちは、なんやかやと言いながら、結婚などまだ早いと思っていた娘をその気にさせ、うぶな男の尻を叩き、娘は恋愛し結婚する。

ひと昔の村では、村長の世話や一家の家長の一存で、見合いもなしに結婚させられていた時代からすると、都会はスマートなのか世話する大人たちの嫌味もない。それより、とうの大人たちが、人の娘の世話話で色めき立つのが面白かった。

昭和40年代の日本はまだ都会でも、家族をひと回り超えたコミュニティーが存在していたのだ。今は核家族が進み、嫁さんは亭主の友人や会社の同僚が家に来ることを拒絶する。それが、果ては定年離婚、孤独死とつながっていってるのかもしれない。

コミュニティーとは、誰それの息子が大きくなったとか娘がどこそこのに嫁にいったとか、身近な人を肴に、集まって酒を飲めることかもしれない。最近では腹立つ上司の悪口を言う飲み会すらなくなりつつある。

コミュニティーが単なるブームでなく必要とする文化的システムとすれば、昔のコミュニティーを懐かしみ、また再び何らかの形を変えて出てくるような気がするのだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です